千秋楽 - アシストジャパン

TOP> 用語集 一覧> 50音 さ行 > 千秋楽

千秋楽

読み方
せんしゅうらく

千秋楽とは

千秋楽(せんしゅうらく)とは、演劇や歌舞伎、コンサートなどの舞台芸術で、一連の公演の最終日を指す用語です。この日は特に感慨深いものとされ、出演者や観客にとって記念すべき日となります。通常、最終公演は特別な演出が加えられたり、出演者が観客に向けて感謝の言葉を述べる場が設けられることもあります。

会話内における千秋楽の使い方

劇団やプロダクションチームの会議で「千秋楽には特別なカーテンコールを計画している」といった形で使われます。また、ファン同士の会話では「千秋楽のチケットを取れたので、感動的な最終日を楽しみにしている」という文脈で登場することがあります。

千秋楽の活用事例

特に長期間にわたる公演の終了に際して、千秋楽は感動的なシーンが多く演出されることが一般的に多くあります。出演者が舞台上で涙を流しながら感謝の言葉を述べる姿が見られたり、特別なゲストが登場したりすることもあります。そのため、公演の中でも特別な意味合いをもっているともいえます。

千秋楽の技術的詳細

千秋楽の演出には、照明や音響、特殊効果などが駆使されます。これらは通常の公演とは異なる特別な演出が求められるため、技術スタッフによる入念な準備とリハーサルが必要とされます。また、記念品の販売や特別プログラムの配布など、イベント性を高めるための要素も考慮されます。

目次