蹴込み - アシストジャパン

TOP> 用語集 一覧> 50音 か行 > 蹴込み

蹴込み

読み方
けこみ

蹴込みとは

蹴込み(けこみ)とは、特に建築や設計分野で用いられる用語で、建物の構造部分において、階段の各段やカウンターの下部など、前面よりも後退している部分を指します。この用語は、そのような突出していない、引っ込んでいる空間や部分の形状や配置を説明する際に使われます​。

会話内における蹴込みの使い方

「蹴込み」を会話に取り入れる際は、通常、設計の詳細を説明する文脈で使用されます。例えば、設計者がクライアントに対して「キッチンのカウンターの下に蹴込みを設けることで、スペースをより広く使えるようにします」と説明する場合などがあります。この用語は、空間の機能性や安全性を高める設計の一環として重要な役割を果たします。

蹴込みの活用事例

蹴込みは、住宅やオフィスビル、公共施設など、さまざまな建築物において利用されます。特に階段の安全性を高めるためや、バリアフリー設計の一環として、蹴込みの深さや位置が計画的に設計されます。また、インテリアデザインにおいては、見た目の美しさとともに、実用性を兼ね備えた空間作りに貢献します。

蹴込みの技術的詳細

蹴込みを設計する際には、その深さや高さが重要な要素となります。安全規則や建築基準に基づき、適切なサイズと位置で蹴込みを設けることが求められます。また、材料の選定や仕上げにも注意が必要であり、使用する材料によっては、滑りやすさや耐久性に影響が出ることがあります。

目次